コース概要

【ライブ】サーブレット/JSP/JDBCプログラミング~Eclipse開発~

学習形態 [ ライブ ] コースコード ULC26R
コース概要 JavaでWebアプリを実装するために必要なサーブレット/JSP、DBアクセスに必要なJDBCといった、開発現場で必須となるJava要素技術を講義と実習で学習します。要素技術ごとに基本事項を講義と実習で理解していき、最後に、サーブレット、JSP、JDBCを連携させた一つのWebアプリケーションを実装することで、Javaで作成するWebアプリケーションの全体像とその実装方法を修得できます。JavaでWebアプリを開発する際に押さえておくべき要素技術の主要ポイントを重点的にまとめたコースです。本コースでは実際の開発で多く利用されている、統合開発環境のEclipseを使用しており、学習した内容を開発現場ですぐに実践できます。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. Webアプリケーションの概要を理解できる。
  2. Eclipseの使用方法を理解できる。
  3. JDBCを使用して、データベースアクセスを行なうプログラムを作成できる。
  4. サーブレットでセッション管理を行うWebアプリケーションを作成できる。
  5. JSPを使用したWebアプリケーションを作成できる。
  6. MVCアーキテクチャでサーブレット/JSP/JDBCを連携したWebアプリケーションを作成できる。
対象 サーブレット/JSP/JDBCを使用したWebアプリケーション開発を担当する方。
前提知識 「Java SE 8プログラミングI(UZL73L)」コースを修了、またはJavaの基本文法とクラス、カプセル化、継承、ポリモフィズムなどオブジェクト指向プログラミング方法、および例外処理、コレクションフレームワークの知識がある方。
会員価格
(会員紹介含む)
85,360円(税込)
非会員価格 106,700円(税込)
期間 3日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 「サーブレット/JSPを使用したWebComponent開発(JavaEE5)」(UZL58L)コースと『第1章 Webアプリケーション』、『第4章 サーブレット』、『第5章 JSP』、『第6章 MVC』の内容が重複します。
  2. 「Java SE 8 プログラミングII」(UZL74L)コースと『第4章 JDBCの基本機能』の内容が重複します。
  3. 本コースはオンライン(ライブ配信)です。自宅やサテライトオフィスで受講するコースです。
  4. 本コースは、「サーブレット/JSP/JDBCプログラミング ~Eclipseによる開発~」(UFN06L)コースのライブ配信版です。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
関連情報 ライブ配信接続方法のご案内
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ