コース概要

Web技術者のためのREST API開発(JS編)~構築から利用まで~

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UJS59L
コース概要 JavaScriptとNode.js、expressを使用したREST APIの実装方法および、jQueryを使用したREST APIとの連携方法を、説明と実習を通して学習します。REST APIの構築と利用をとおし、Web技術者も、サーバサイドの実装方法について理解を深められます。実習では、Node.jsを使用したWebサーバの起動からWebブラウザへのデータ送信方法までを体験します。また、REST APIから送信されたデータを、クライアント側で実行するJavaScriptで取得する方法も確認します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. REST APIの概要を説明できる。
  2. Node.js(JavaScript)を使用したREST APIの構築方法を説明できる。
  3. jQuery(JavaScript)を使用したREST APIの呼び出し方法を説明できる。
  4. REST APIから取得したJSONデータを操作できる。
対象 ・REST APIの構築から利用の学習をとおし、REST APIの仕組みを理解したい方。・REST APIの構築方法を知りたいWeb技術者の方。・Node.jsを使用してREST APIを構築したい方。
前提知識 「JavaScriptプログラミング基礎」(UJS36L)コースを受講済み、または同程度の知識(JavaScript および HTMLを使用したWebページ作成)があること。また、jQueryの使用経験があることが望ましい。
コース詳細 学習項目 タイムテーブル
会員価格
(会員紹介含む)
53,680円(税込)
非会員価格 67,100円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
注意事項 旧「Web技術者のためのREST API構築~JSによるサーバサイド実装~」(UJS47L)コースおよび旧「Web標準技術によるアプリケーション開発~REST APIによるサーバ連携~」(UFN40L)コースを受講済みの方は、内容が重複するため受講の必要はありません。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ