コース概要

業務分析/設計のための要件定義技法(eラーニング)

学習形態 [ eラーニング ] コースコード UEL33B
コース概要 ユーザー企業の経営に役立つシステムを構築するために、システム開発の上流工程で全体最適な業務要件、システム要件を導き出す技法を学習します。事例業務を基に、現状業務が抱えている問題点の把握、個別問題点を整理して根本原因の特定、解決目的の検討、対策手段の検討といった業務要件をまとめる一連の流れを学習します。加えて、業務要件を詳細化し、システム要件としてのまとめかたを学習します。〔PDU:Strategic 12〕
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 事業戦略と業務要件の整合性を確認する。
  2. 問題解決の技法を適用し、業務要件を定義する。
  3. 業務要件を詳細化し、システム要件を定義する。
対象 業務システムの分析作業を通してシステム要件の定義工程を担当する方。
前提知識 システム開発全般の知識・経験があること。
コース詳細 学習項目
会員価格
(会員紹介含む)
22,000円(税込)
非会員価格 44,000円(税込)
在籍可能期間 8週間 標準学習時間 12時間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 日程変更およびキャンセルは、受講開始日の6営業日前までとなります。本コースには、受講に必要となる副読本や資料などの郵送物はございません。
  2. 「業務分析・設計のための要件定義技法」(UAS38B/UAS42B/UEL18B)、「業務分析・設計のための要件定義技法 実践トレーニング」(UAS29L)を受講済みの方は、本コースと内容が重複しますので受講の必要はありません。
動作環境 OS×ブラウザ:Windows8.1・10×IE11・Edge 必要なソフトウエア:Adobe Acrobat Reader DC 音声:なし
スケジュール
開催地 日程(開始日)
全国

申込要項

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ