コース概要

【ライブ】DP-201 Designing an Azure Data Solution

学習形態 [ ライブ ] 提携コース コースコード UCV11R
コース概要 さまざまなデータプラットフォームテクノロジを駆使して、ビジネス要件と技術要件に合わせたソリューションを設計します。これには、リレーショナル、No-SQL または Data Warehouseのデータが組み込まれたオンプレミス、クラウド、およびハイブリッドのデータシナリオを含めることができます。また、ストリーミングとバッチデータの両方のテクノロジを使用して、処理アーキテクチャの設計方法も学習します。また、データアクセス、データポリシーおよび標準を含めて、データセキュリティの設計方法も学習します。さらにビッグデータの最適化、可用性およびディザスターリカバリー、データのバッチ処理とストリーミングのソリューションが含まれるAzureデータソリューションも設計します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. オンプレミス、クラウド、およびハイブリッドのデータシナリオにおいて、ビジネス要件と技術要件に合わせた最適なソリューションを設計することができる。
対象 ・Microsoft Azureに存在しているデータプラットフォームテクノロジについて学習したい方。
・Microsoft Azureに存在しているデータプラットフォームテクノロジからコンテンツを配信するアプリケーションを開発したい方。
前提知識 技術者としての経験に加え、「Azure入門」「DP-200:Implementing an Azure Data Solution(短縮2日)」ご受講済の方。もしくはそれに相当する技術的な知識を持っている方。
会員価格
(会員紹介含む)
148,500円(税込)
非会員価格 165,000円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 本コースは、エディフィストラーニング株式会社との提携コースのため、提携先で開催します。申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の12営業日前です。
  2. コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等についてはICTカレッジの個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてを参照してください。本コースはオンライン(ライブ配信)です。自宅やサテライトオフィスで受講するコースです。
  3. ・PCおよびインターネット環境は受講者に用意していただきます。サポートOS:Windows 10 x64 Ver1607 日本語版 以降 サポートブラウザ:Microsoft Edge、Chrome、Firefox・PCモニタもしくは2台目のPCやタブレット端末を用意することを強く推奨します。
  4. これは、講師の画面を表示しながら、演習を行ったり、電子テキストを表示したりするためです。オンラインコース受付後、環境テストの手順書を送付します。手順の概要は下記となります。「SQL Server Management Studio、Visual Studio Codeのインストール」
  5. ※社内のPCを使用している場合、アプリケーションのインストールなどができないように制限が加えられている場合があります。この場合、演習を行うことができません。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ