コース概要

アプリ開発者のための、Dockerで学ぶコンテナ仮想化入門

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UBS83L
コース概要 Dockerを実習環境として使用し、コンテナ型仮想化技術の基本的な使用方法を体験します。開発/テスト環境の構築方法や、コンテナ型仮想化によりアプリケーション開発やデプロイ、バージョンアップ作業などがどのように変化するかを学習します。初めてコンテナ型仮想化を使用するアプリケーション開発者向けの入門コースです。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. コンテナ型仮想化技術の概要を説明できる。
  2. コンテナ型仮想化技術を利用したPaaSの概要を説明できる。
  3. アプリケーション開発における、コンテナ型仮想化技術のメリットを説明できる。
  4. コンテナ型仮想化技術が導入済みの環境で、コンテナの起動やコンテナイメージのインポート、新たなコンテナイメージの作成などの作業ができる。
対象 Dockerに関心があり、導入を検討しているアプリケーション開発者。コンテナ型仮想化による、アプリケーション開発手法の変化を把握したいアプリケーション開発者。
前提知識 Linuxの基本的な操作(ファイル操作やサービスの起動や停止など)ができることが望ましい。アプリケーション開発工程に関する基本的な知識があることが望ましい。
会員価格
(会員紹介含む)
36,960円(税込)
非会員価格 46,200円(税込)
期間 1日間
レベル 応用・実践
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ