コース概要

【Zoom】ITIL(R)のためのTIPA(R)アセッサ【試験つき】

学習形態 [ ライブ ] 提携コース コースコード UAX19R
コース概要 TIPAリードアセッサの指導のもとTIPAの方法論をベースとしたプロセスアセスメントを実施する能力を身につけるためのコースです。
受講者が身につけることのできる能力はTIPAツールボックスの使用、インタビューの実施のための準備、プロセスのアセスメントおよび評価、現在のITサービスマネジメントにおけるプロセス成熟度の測定、アセスメントレポートの作成、およびプロセス最適化のための提案をすることができるようになります。
コースの間、受講者はTIPAアセッサ認定試験を受験し、認定資格を取得するための最適な準備をすることができます。なお、認定試験は研修とは別日での設定となります。〔PDU:Technical 7、Leadership 7、Strategic 7〕
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 国際的なプロセスアセスメントの基準を理解できるようになる。
  2. TIPAモデルを使用してインタビューを実施し、それをもとにプロセスの成熟度レベルを評価できるようになる。
  3. アセスメントの一部から得られた事実をもとにSWOT分析を実施できるようになる。
  4. TIPAツールボックスから提供されるテンプレートにもとづきレポートを作成できるようになり、TIPAの方法論およびプロセスモデルの構造について説明できるようになる。
  5. プロセスアセスメントの結果の分析、改善提案およびTIPAツールボックスを使用したプロセス成熟度についての結論を出せるようになる。
対象 ITILやITサービスマネジメントのプロセスをアセスメントや改善に携わる方。ITILの導入やプロセス成熟度の測定に携わる方。組織に導入したITILのROIを見積もるためにプロセスアセスメントの手法を探している方。ITILやISO/IEC15504にかかわる経験を持ち、TIPAアセスメントプロジェクトの中でアセッサとして活動したい方。
前提知識 ITILファンデーションv3資格取得済、またはITILファンデーションブリッジ資格取得済
会員価格
(会員紹介含む)
244,530円(税込)
非会員価格 271,700円(税込)
期間 3日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 本コースは、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックとの提携コースのため、提携先(オンライン形式)で開催します。
  2. ITILはAXELOS Limitedの登録商標です。TIPAは、Centre de Recherche Public Henri Tudorの登録商標です。
  3. 申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の12営業日前です。受講者変更はコース開始日の9営業日前までとなります。
  4. コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等についてはICTカレッジの個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてを参照してください。
  5. 開始日から連続の3営業日が研修期間です。試験日については提携先企業から別途ご案内いたします。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ