コース概要

【Webex】ITIL(R)プラクティショナコース+試験+AXELOS公式書籍付き

学習形態 [ ライブ ] 提携コース コースコード UAX18R
コース概要 ITILプラクティショナコースは、ITILの活用や既存ITILプロセスの改善方法を習得するために設計されています。本研修は、ITILファンデーションコースを受講された方が、ITILをどのように実務に活用するかを学習します。このコースは、ITILを実務で活用することを経験した「プラクティショナ(実務者)」が、成功や失敗事例を元に作成した研修です。「プラクティショナ」の経験をケーススタディとして、ITSM全体の改善活動を受講者が個人やグループで演習問題に取り組み、各自の考えや講師の実務経験を共有しながら改善のステップを進めます。尚、本コースは、標準の教材に加え、参考図書としてAXELOS公式書籍が提供されるものとなります。なお、認定試験は研修とは別日での設定となります。〔PDU:Leadership 7、Strategic 7〕
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. ITサービスマネジメントを概念や知識だけでなく実践的に理解し、CSIプロセスがサービスライフサイクルにどのように寄与するか理解する。
  2. サービスを提供するためにCSIがなぜ重要なのかを認識し、どのようにCSIプロセスが他の段階のプロセスと関連するか理解する。
  3. CSIプロセスの活動、手法、および機能、機能の導入、実践方法について理解する。
  4. CSIのパフォーマンス測定方法を理解する。
  5. CSIをサポートする技術および導入要件について理解する。CSIにおける課題や重要成功要因、リスクについて理解する。
対象 ITマネージャ、ITサポートスタッフ、ITコンサルタント、ビジネス・マネージャ、ビジネス・プロセス・オーナ、ITデベロッパー、サービス・プロバイダ、システム・インテグレータ
前提知識 「ITILファンデーションv3資格取得済、またはITILファンデーションブリッジ資格取得済」かつ「2年以上のITサービスマネジメントの実務経験をお持ちの方」。
会員価格
(会員紹介含む)
196,020円(税込)
非会員価格 217,800円(税込)
期間 3日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 認定試験は日本語対応済みです。
  2. コース日程の開始日から2日間が講習会、日を空けて3日目として「試験対策」の固定開催となります。さらに日を空けて認定試験受験を行います。試験日については提携先企業から案内をします。
  3. 本コースは、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックとの提携コースのため、提携先企業(オンライン形式)で開催します。
  4. 申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の12営業日前です。受講者変更はコース開始日の9営業日前までとなります。
  5. コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等についてはICTカレッジの個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてを参照してください。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ