コース概要

基礎から学ぶサービス要件の定義 ~安定した運用フェーズを実現するために~

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UAX14L
コース概要 一般的にシステム開発の上流工程における非機能要件定義、関連する運用設計の検討の必要性、重要性について認識されているにも関わらず、十分に果たされず結果的に運用フェーズでの品質低下を招くケースが多く見られます。本コースでは、非機能要求グレードを活用した非機能要件の洗い出し、レベルの定義、業務要件とシステム要件の整合性分析、運用フェーズで使用するツールの導入など、上流工程におけるサービスレベルの作り込みについてどのように推進すべきかの勘所を講義と演習を通じて学習します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 上流工程における運用要件の洗い出しや定義に関する勘所が理解できる。
  2. 運用要件をシステム機能として実現するために必要な検討ができる。
  3. 運用フェーズで必要なツールの導入について、検討することができる。
対象 システム運用に関わるメンバー、リーダーまたはシステム運用管理統括担当者
前提知識 システム運用管理に関する知識、経験があること
コース詳細 学習項目 タイムテーブル
会員価格
(会員紹介含む)
80,256円(税込)
非会員価格 100,320円(税込)
期間 2日間
レベル 入門・基礎
ITSSレベル:
  【ITサービスマネジメント育成】 ‐ メソドロジ[3]
注意事項 非機能要件における基本作業や注意点を学習するコースです。製品(Windows、UNIX、Linux、LAN/WAN、Systemwalkerなど)の運用管理技術、構築、設計、トラブルシューティングなどを学習されたい方は、各製品分野のコースを受講ください。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ