コース概要

情報化投資マネジメントと投資対効果評価

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UAU39L
コース概要 多くの経営者・管理者・システム企画担当者が頭を悩ましている「情報化投資」に関して、投資対効果を高めるためのマネジメントの仕組みとその効果的な進め方について、DXにも触れながら学習します。その中でも重要な位置を占める投資対効果評価の手順とその効果的な実施方法について、事例演習を交え学習します。〔ITCA認定番号:ITCC-CPJI8034〕
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 情報化投資マネジメントの仕組みとその効果的な進め方を理解する。
  2. 情報化投資の目的・分野の設定、投資対効果の事前評価から投資の意思決定に至るプロセスの効果的な進め方とその実施方法を理解する。
  3. 情報化投資対効果のモニタリング、投資対効果の事後評価とフィードバックの効果的な進め方とその実施方法を理解する。
  4. 情報化投資効果を高めるためのマネジメントにおいて留意すべきことを理解する。
対象 情報化投資を企画・マネジメントされる方、およびコンサルタントの方
前提知識 特に必要ありません。
コース詳細 学習項目
会員価格
(会員紹介含む)
79,200円(税込)
非会員価格 99,000円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
ITSSレベル:
  【コンサルタント育成】 ‐ メソドロジ[4]
注意事項
  1. ケース事例をもとにグループ演習を行います。演習をスムーズに取り組んでいただく上で、ケース事例の熟読を事前にお願いしています。(ケース事例は事前にメールで送付いたします。)
  2. 申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の7営業日前です。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ