コース概要

業務分析・設計のための業務モデリング 実践トレーニング

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UAS22L
コース概要 複雑化するシステム要求を明確にするために業務の見える化手法を演習中心に学習します。手法では、業務の流れを見える化するプロセスモデル、業務で扱う情報の関連を見える化するデータモデルを扱います。事例業務を基に上記2つのモデルの観点で現状業務の見える化、現状業務の問題抽出と解決策検討、新規業務の見える化まで演習します。最後にプロセスとデータの両モデルの妥当性検証を行います。〔PDU:Strategic 18〕〔ITCA認定番号:ITCC-CPJI8013〕
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. システム開発における業務モデリングの必要性を理解する。
  2. プロセスモデリングを行ううえで必要な分析観点、手順、表記方法を理解する。
  3. データモデリングを行ううえで必要な分析観点、手順、表記方法を理解する。
  4. 具体的な例をもとに業務モデリングを行い、業務の流れや扱う情報を整理することができる。
対象 システム開発において、分析工程を担当する方。
前提知識 システム設計(機能設計、データ設計など)に関する基礎知識があること。
コース詳細 学習項目 タイムテーブル
会員価格
(会員紹介含む)
85,360円(税込)
非会員価格 106,700円(税込)
期間 3日間
レベル 応用・実践
ITSSレベル:
  【アプリケーションスペシャリスト育成】 ‐ メソドロジ[2-3]
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ