JISA ASPサービスモデル利用規約を初めて公表

印刷ページを見る

2005年3月22日

JISA ASPサービスモデル利用規約を初めて公表

(社)情報サービス産業協会(JISA)では、平成16年度ASPサービス契約調査委員会の活動成果として、本年3月18日に報告書「ASPサービスモデル利用規約と解説」を公表した。

同報告書第1部「ASPサービス取引の動向調査結果」では、ASPサービスの利用状況、利用のメリット、現状の問題点等をとりまとめている。

第2部「ASPサービス契約における論点とその基本的な考え方」では、今日のASPサービス取引における典型的な事例を想定し、法的論点をとりまとめ、これらに関し当協会としての基本的な考え方を掲載した。なお、法的論点は、1)ASPサービス契約の法的な特徴、2)当事者関係、3)契約期間、4)プロバイダ及びユーザの義務と責任、5)データの取り扱い、6)セキュリティ、7)SLAの計7項目に分類している。

情報サービス産業界各社がユーザのニーズに応えられるようなASPサービスの提供を検討する上で、本報告書が活用され、ASPサービスにおける適正な取引慣行を形成し、同事業の推進に寄与できればと考えている。(詳しくは下記概要pdf参照。)

問い合わせ先:情報サービス産業協会 企画調査部 茂木 TEL:03-6214-1121

このページの先頭へ▲